2012年05月15日

説得材料のないルール変更に注意

 今日は極めて個人的な話です。


 私の行き着けの歯医者は、半年ごとに定期健診のお知らせ葉書を送ってくれます。今までいろいろな歯医者を利用しましたが、どこも途中で行くのが面倒になったりなどしていましたが、今の歯医者のこのお知らせ葉書により、半年ごとの定期健診をきちんと受けるようになりました。


 そのお陰もあり、虫歯が出来やすい歯並びにも関わらず、毎回クリーニングのみで済んでいます。


 そして、このアナログな葉書のサービスは有難いと感じています。


 しかし、先日、異変(私にとっては)が起こりました。


 異変というのは、同じく葉書が届いたのですが、そこにある文面にはこう書いていたのです。


「当院で治療をなさってから4ヶ月が経ちました。」



 これを読んで、私は「あれ?」と思いました。そして、自分の事ながら、人間はこういう時に別の心理が働くものなのだなと思いました。


 今まで通り、半年ごとに葉書が届いていれば、まさに私にとっての「定期健診」ではあるのですが、これが理由もなく「4ヶ月」に変わっていると、「なぜ?4ヶ月?」という気持ちの方が先に来てしまいました。


 半年ごとという自分の中での「定期」を作ってくれた歯医者本人から、その定期を勝手に「4ヶ月」に変えられると、いろいろな疑問が先に出てしまうのです。


 歯医者といえど、商売ですから、半年を4ヶ月にする事で、年2回から3回になるというわけです。これだけみれば、単純に通院頻度は1.5倍になるわけです。


 つまり、うがった考え方をすれば、利益を出すために、期間を短くしたのだろうか?と感じてしまったのです。


 もし、この葉書に半年を4ヶ月にした理由が書いていれば、すんなり納得がいくのですが、いつもの文面で、6が4に変わっただけですので、やや納得できない点が生まれたのは事実です。


 こういう葉書は、集客に有効なものですが、今までのルールを理由なく変更する場合には、それなりの説得材料をつけておかないと、マイナスの印象を与える可能性があると、自分の事ながら感じました。



◆ご相談はSEOコンサルタントのSEMアドバイザーまで
SEMアドバイザーの揺さBrain!(揺さぶれ)

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

posted by SEMアドバイザー at 11:58 | マーケティング論